消化器内科・外科とのカンファレンスを行い、谷野先生、湯澤先生が担当しました。

Page Top